『あの話題のアイテム』の悪夢。

header

 

こんばんは。

Lucir Labo 鹿内です。

 

 

 

本日、はじめてご来店のお客様。

 

数日前に頂いた電話でとても悲痛な様子が伝わってきたので、急遽営業後をまたいだ緊急予約。

電話越しにお話聞く限り、

 

・カラーは頻度が高いものの、リタッチのみ。

・その他薬剤施術は無し

 

との事だったので、そんなに大した事ないのかも?

なんて思ってたんですが…

 

Before

 

 

 

大和の美容院・美容室ルシルは髪質改善、特許取得のカット、特殊技術を駆使してあらゆる人を美髪に導く髪の病院のようなサロンです。片瀬江ノ島線・相鉄線徒歩2分。24時間ご予約OK!大和・中央林間・町田の美容院・美容室「ルシルラボ」鹿内による髪質改善物語。 | ルシルラボ

 

 

(なぜか画像が回転加工出来ませんでしたので横ですいません 汗)

 

 

癖による広がりもそうなんですが、炭化状態に限りなく近い髪が多数。

しかし、全て均等にある訳ではなく表面付近と毛先にとても多く見られ襟足付近や耳上の根元などは『非常に扱いやすい毛』が存在し、上に行くに従って状態が悪くなっている様子。

そして、クセや広がりによって扱いづらさを感じ始めたのは最近からで前はそれほど感じなかったそう。

 

 

 

この状態でピンときた方は流石。

 

 

 

実はこのお客様。

 

遡る事、1年程前、

ドライヤーの販売で一世を風靡したあの某メーカーのアイロンを。

 

美容師さんの

『使えば使うほど髪が良くなりますよ!!』

の言葉をひたすら信じ、毎日かけ続けていたそうです。

 

それがこの結果。

 

◆遅効性の恐怖

アイロンのダメージは一般的に

即効性がある訳ではなく、誤った使い方を定期的にする事で徐々に蝕まれていきます。

なので、本人も扱いづらくはなっているが

『何によって扱いづらくなっているのか』

が、非常に分かりづらい事が多いんです。

 

それに加えて、あの某アイロン。

だいーぶ前の代表の炎上ブログにもあったように

接点があまり良くない為に、プレス力(アイロンを握る力)を上げないと上手く伸び切らないんです。

 

案の定、お客様はこれでもかとアイロンの引っ張りを加えて毎日過ごされていたそうです。

 

そりゃ『毎日使えば良くなっていくアイロン』と伝えられているんだからそれぐらいへっちゃらと思ってしまいますよね。

 

それによって、蓄積ダメージが溜まっていきつつも大事に至る前に湿気の時期が過ぎ、扱いやすい乾燥時期に。

 

それでもその生活を続けた結果、蓄積ダメージが隠しきれないほどに顔を出し始め、湿気が出てきた1年後の今、ダブルパンチで現れたのだろうと推測出来ます。

 

表面や毛先などの『アイロンが入れやすい』部分が影響大で

襟足やサイドの根元の『アイロンが入れにくい』部分が影響低だったのもこの為ですね。

 

 

after

 

 

 

大和の美容院・美容室ルシルは髪質改善、特許取得のカット、特殊技術を駆使してあらゆる人を美髪に導く髪の病院のようなサロンです。片瀬江ノ島線・相鉄線徒歩2分。24時間ご予約OK!大和・中央林間・町田の美容院・美容室「ルシルラボ」鹿内による髪質改善物語。 | ルシルラボ

 

 

 

 

ハンドブローレクチャーの段階で

『いつもと全然違う!!』

とお喜び頂けましたが、やはり湿気の時期は外に出たりするとどうしてもハンドブローのパワーを上回る事が多く徐々に崩れてしまう事も多々あります。

今回は応急処置としての対応しか出来ませんでしたが、一ヶ月後のご予約の際にはさらなる美髪を提供する事をお約束致しました。

それでも、

『何が原因でこうなったか教えてもらえただけでも来て良かった!』

と、ありがたい言葉を頂けて大変恐縮です。

 

 

最後に、

 

魔法のアイロンだろうが何だろうが、使うほど髪が良くなる道理なんて全く無いです。

甘い言葉にはくれぐれもお気をつけ下さい。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です